営業効率をあげる

効率をこれまで以上に上げませんか

スマートデバイスを使えば、中に入ってる資料をクライアントや顧客に見せることができるという点でメリットはとても大きいです。営業の効率がこれまで以上に上がるでしょう。

これまではプリントアウトした資料を用意しなければいけなかったり、先方に画像を見せるための機器を借りたりしなければいけませんでした。ですが、デバイスであれば、画面ですぐに資料を確認できるため、クライアントからの急な要望があっても、画像や動画をそのまま見せることができるのです。これは営業をする人にとってはとても力強い味方になります。

競合他社とも差別化を図ってとても営業利益を出すことに多いに貢献することができるのです。

これまでは、クライアントや顧客が求めた資料や画像、動画が手元に無く、あきらめるしかなかったシーンもこれまでにはあったのではないでしょうか。「今持ち合わせておりません」「社に戻って確認します」といったセリフを口にしなければいけず、それによって商談が成立しなかったということもあるでしょう。

そんな時は、スマートデバイスと社内の業務システムを連携させておくことがポイントになってきます。社内のパソコンの情報も外出先のスマートデバイスから見ることができるシステムがあれば、チャンスを逃すこと無く、クライアントや顧客の要望にリアルにこたえて商談成立につなげます。

このインターネットからどこでもデータベースにアクセスできるシステムを「クラウド」と言います。クラウドはインターネット上に情報を保存、保管しておくことでどの端末からでも自由にアクセスをすることができるメリットがあります。


クラウドサービス|契約書管理システム「Ofigo契約書管理」

現代においては、クラウドを使ったサービスも数多く存在しますが、上記の「契約書の管理に特化したサービス」のように、業務管理システムとして使用するクラウドサービスに人気が集まっています。これは、人材不足に伴う管理者の減少により、データ管理に掛かる工数を少しでも減らしたいと考える企業が増えた影響と言えるでしょう。

スマートデバイスやクラウドを使いこなすことで、外出先でも社内でも、すべての情報を共有化することができます。場所を選ばず、素早くデータにアクセスできるようになれば、業務効率の改善することは間違いありません。ビジネスの流れというのを現場でその場で作ることができるようになります。このような理由から、業務効率が確実にアップするクラウドサービスをビジネスシーンに導入している企業は増えているのです。