未来のスマートデバイスとM2M

将来的にはさらに進化

今でもスマートデバイスはとても便利に使うことができますが、今後はもっともっと便利になると考えられています。タブレット
これからのスマートデバイスについてここでは見ていきましょう。

高機能携帯端末のスマートフォンをはじめタブレットなどもずいぶん私たちの身近に感じられるようになりました。
この数年でかなり進化してきましたが、これからの10年でさらに新しい技術が誕生することが予想されています。

生体認証によるアクセス

パスワードを今は複数記憶させているか思います。
これからのスマートデバイスにはこの機能が搭載され、認証することでデータ、サイトにアクセスをすることが可能になる仕組みとも。

高解像度タッチスクリーン、センサーなどが搭載されたことで実現するのではないでしょうか。
今でも一部端末においてはこの機能は採用されていますが、今後の展開も著しいです。

画面に触っただけで指紋認証することや、フロントにつけられたカメラが顔を見分けておぃことも。
他にも、所有者の声やキーボードの操作のタイプで認識をするタイプも出るでしょう。

それぞれのセキュリティーのレベルによって、認識が段階的にすることも可能になるでしょう。
たとえば、ネットバンキングを利用するなら2つ以上の認証、SNSへのアクセスくらいなら1つなどと、使い分けも出来ることでしょう。

M2Mについて

また最近では3G回線等を用い、ネット経由で機器同士を通信させて利便化を計る「M2M」を利用したサービスも増えています。
例えば、防犯カメラや車載カメラ、POSを使ったレジなどがその一例です。
M2Mソリューションを用いたシステムは身近にたくさんあるんです。
例:M2M・IoTソリューション

スマートデバイスの業界でも3Dが実現するかも?

今でも3Dなどということはテレビ業界では話題になっていますが、もしかするとこれが実現するかもしれません。
基本的には、専用のめがねをかけなければ3次元映像を見ることは出来ません。

しかしこれからは、スマートフォンに3D技術が搭載されて、めがねを使用せず3次元映像を見ることができるのではと言われています。
そして、ショールームに入って歩き回りながら商品を見て回ることができるようなそんな疑似体験ができるようになると考えられています。

ウェブの通販サイトをただ単にこれまでは見ていたと思いますが、これからは本当に店舗にいるような、映像が画面の中から飛び出して見えるようなことも可能になるのではとも言われています。

そしてアップル社のiPhoneに搭載されているSiriというコンシェルジュ機能があります。
このように質問をすれば何でも答えてくれるといった便利な機能がこれまで以上に便利に設定して使えるようになるのではないでしょうか。

それ以外にも、もしかすると昔SF映画やドラマの中に出てきた、アクセサリーのようなスマホモデルかもしれません。
スクリーンがないスマートデバイスも登場する可能性もあります。
クラウドの中の自分だけのエージェント、コンシェルジュを呼ぶことでナビをしてくれたりメールを知らせて読み上げてくれるなど便利に使えるようになるでしょう。