ディスプレイの強度

驚きのゴリラガラスの性能

全世界的なシェアのトップを誇るiPhoneですが、その人気の理由はデザイン面やUIの良さだけではありません。

iPhoneでは初代のころより液晶パネルには強化ガラスである「ゴリラガラス」が使用されてきたと言われています。
正式にAppleから公表されているわけではないのですが、現在もiPhone製品にはゴリラガラスもしくはその進化型のゴリラガラス2が使用されていることが解析によりわかっています。

ゴリラガラスとは米国のメーカーであるコーニング社のものですが、この硬さはプラスチックの数十倍とされており、硬化や鍵などと一緒に入れた場合であってもそのために傷がついてしまうということはほとんどありません。

従来までのガラスは傷には強いものの引っ張りには弱いという特徴がありましたが、このゴリラガラスでは内部の成分を調整することにより曲げや側方からの衝撃にも強いという優れた性能を引き出すことができるようになりました。

進化するゴリラガラス

ゴリラガラスは現在Apple製品だけでなくAndroid製品の一部にも使用されており、現在使用されているスマホのうち約20%はゴリラガラスの製品と言われています。

ゴリラガラスの他にも液晶強化パネルなどいくつかの製品があり、かなりスマートフォン製品のディスプレイのガラスは強度が上がってきていると言えます。

ただし強化ガラスも完璧というわけではなく、そのままの状態で路面に落としたりした場合には、角度によっては一発でひび割れが起こってしまうということもよくあります。

やはりあまり強度は過信せず、購入後には保護フィルムなどを貼るといった対策は必要なようです。