Google

Googleの場合

Appleのようにこれだということは限定できないのです。
なぜならGoogleが開発したOSはさまざまなスマートデバイスに搭載されているのです。

Googleが開発したAndroidは数多くの機能が開発して発売をしているスマートデバイスに搭載しています。
Appleに対抗して隙がない垂直統合モデルを構築しているのが特徴です。

2008年10月にAndroid OSを搭載しているスマートデバイスのスマートフォンG1が発売されたのですが、それから4年弱という短期間で何と4億台という数字がたたき出されているのです。
この普及のペースというのはiOSと比べてもそれを上回る普及率です。
なぜこれほどまでに普及したのか、その理由はやはりAppleのように自社の製品だけに搭載をしたのではなくて、日本に限らずほかの国の通信事業者などにかかわって普及したことがきかっけです。

Androidとは?

世界48カ国でGoogleのAndroidは利用されています。
Androidの特徴はどのような機能などがあるのか、そもそもこのアンドロイドという名前ですが、もともとは携帯電話を対象にしたソフトウェア開発会社の名前だったようです。

モバイル向けの検索、携帯からのネットを使ったことに強化を考えていたGoogleが買収をしたのです。
Androidの特徴はアプリ、端末開発に制約がないという特徴があり、オープンソフトウェア、プラットフォームなので、どのメーカーが搭載してもいいという特徴があります。

アップルの場合はアップル社のみでしか動かすことができないのですが、そうではないのが大きな特徴です。

端末自体も開発を自由にしてもいいということもあるのでいろいろなメーカーがAndroidを搭載したスマートデバイスを販売しているのでこれほどまでに普及したのです。
OSはライセンスフリーなので、料金がかかりませんのでスマホを安く作れるメリットもあったので、手軽にスマホをはじめたいユーザーにとってはメリットとなりました。

機能面でのメリットはマルチタスクが搭載されているので、バックグラウンドでほかのアプリを動かしたままフォアグラウンドでアプリを動かせるメリットがあります。
そしてグーグルのさまざまなサービスと関連性が高く、最初からインストールされているのも特徴です。

端末などハードウェアの開発も早いのでどんどん進化します。

ではデメリットを見て見ましょう。
それはオープンOSが裏目に出て通信、システム上悪用されることもあります。

電池の持ちが悪いということなどがあります。
バックグラウンドで動いていることも起因していますが、段々と改善されてきつつあるので今後は電池の持ちもよくなるでしょう。