製品紹介

企業ごとに、主なスマートデバイスをまとめてみました

スマートデバイスは発売している企業によって特徴も機能もまったく違ってきます。
主な機能、価格やスペックなどをまとめています。

これから購入しようかと検討をしている人は、その購入をする際に役立てることができるでしょう。
今スマートデバイスを販売している企業はたくさん参入しています。

ここで紹介する企業は下記になりますが、これ以上にあります。

SONY
エイサー
マイクロソフト
ASUS
富士通
サムスン
Amazon
NEC
東芝
Lenovo

これだけの販売メーカーなどがあると、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
個人として、ビジネスで使用する場合でも今は利用不可欠。
実際に導入している人は数年前の倍、タブレットを導入している人は4倍にまで増えたということがわかっています。

スマートフォンなのか、タブレット端末なのか、自分にはどちらが便利に利用できるデバイスなのかそれをまずは考える必要があります。

それぞれのサイズも画面の大きさも違っているのです。
手軽にも地帯と思っているのなら、100グラム程度の重さのスマートフォンが便利ですし、タブレット端末の中でも7インチの軽量なものがあるので、手軽に持ち歩くことができます。

10インチ以上のタブレット端末になると重さは1キロを超えるものも出てくるでしょう。
一人で操作をしたいと思って選ぶならスマートフォンが断然お勧めです。

持ち運びにも便利ですし軽いですし、画像サイズは5インチ前後ですが、一人で操作するには申し分ないサイズです。
複数と同時に画面を共有することがあるのであれば7インチタブレットがいいかもしれません。

それでも重さは400グラム以内のものもあります。
しかしこの手のタイプはどこのメーカーもAndroid端末しかないので注意しましょう。

本格的にビジネスとして利用したいと思っているのなら、10インチタブレットがお勧めです。
店頭での顧客に商品のカタログを見せたいと思っているとかビジネスで活用させたいなら10インチはナイト厳しいでしょう。

通信手段や性能などを検証して、Wi-Fiが搭載されているかどうか、
カメラ、センサーといった機能が搭載されているかどうかなども比較してそれぞれの企業の中から選ぶといいでしょう。

OSをまず選ぶところからですが、OSを選ぶ場合アップルかそれ以外かということでまず最初に分かれるでしょう。