cropped-.jpg

様々な縮尺で寸法を測れる『スケール定規』

プロ愛用の「三角スケール」がスマホで簡単に

スケール定規はiPadとiPhoneで使えるアプリです。
間取り図からその部屋の具体的な大きさが分かるようになる、というプロの技をスマホで簡単に使えるようになります。
建築家などのプロがそのために使っているのが三角スケールと呼ばれる、名前通り断面が三角形になっている定規です。

色々な縮尺に合わせ、寸法を測ることができる定規なのですが、これを簡易的に再現し使えるようにしたのがこのスケール定規というアプリです。
間取り図の縮尺に合わせて測ることで、部屋の奥行きは実際には何メートルなのかなど、間取り図を見る時に気になる具体的な数字が分かるわけです。
インチ、メートルのどちらにも対応しているため、必要に応じた使い方も可能です。

そもそも三角スケールとは?

とは言え、三角スケールと言われても一般にはあまり知られていないので、ピンと来ない人も多いでしょう。
三角スケールは、製図の時に使われることが多い定規のことであり、縮尺定規と呼ばれるものの1種です。
その名前通りに断面は三角形になっており、3つの面の両側にそれぞれ縮尺が違った目盛りが全部で6種類刻まれています。
縮尺に合わせて適切な使用面を選んで寸法を測って画面を描く、または描かれた図面を測って元の寸法を読み取るために使う定規です。
三角定規と少し名前が似ていますが、全く違う道具なので混同しないように注意しましょう。

最も多く使われているのは、本体が竹や木でできたものです。
表面には主に白、まれに黒でラッカー塗装を施してありますが、中には塗装がされていない木製の地のままのもの、アルミニウムやプラスチックでできたものもあります。
使用面が分かりやすいよう、それぞれの面の中央には溝が切られており、赤や青、黒か緑の3色を使って塗装してあるのが一般的となっています。

メートル単位を目盛りの縮尺に採用していて、一般的には1/600、1/500、1/4001、そして/300、1/200、1/100となっていますが、最近では1/50の縮尺になっているのもあります。
1/2500の地図から距離が読み取りやすいよう、1/250が刻まれているもの、また日本の昔からの建築で施行や設計に使うため、尺寸に合わせた目盛りのある三角スケールもあります。
市販品として流通しているのは、目盛りが30cmまで刻んであるものですが、小さめの15cmの三角スケールも多く使われています。

製図道具の1種ではありますが、あくまで寸法を測るための道具なので、目盛りを刻んでいる面が摩耗しないよう、線を描く時には他の定規を使うことが多いようです。
ただ、最近ではCADを使って製図することが多く、図面作成の時に三角スケールを使用することは減りました。
それでも、紙に描かれた図の実際の長さを測る目的で、今でも使われています。

cropped-.jpg

名刺を管理できる『Sansan』

革命的な名刺管理アプリ

SansanはAndroid・iPad・iPhoneで使える名刺管理アプリです。
使い方も非常に簡単で、名刺をデバイスのカメラで撮影するだけで、自動的にデータベース化してくれます。
会社全体での管理ができるため、営業用リストを作成したりメールリストを作成したりという作業が非常に簡単になります。
また、誰がもらった名刺なのかということも記録できるので、別の案件でコンタクトする時や引き継ぎがスムーズに行え、便利です。
ビジネスで手軽に使える、革命的な名刺管理と言えるでしょう。

Sansanの特徴と仕組み

Sansanを使って名刺をカメラで撮影すると、Sansanのオペレーターへそのデータが送られます。
すると、情報を人の手で性格に入力し、会社全体で管理しているデータベースに保存され、一括での管理ができるのです。
名刺を管理するために人員を割く必要がなくなり、その分他の仕事に人を回せるようになります。

また、会社に戻らずにすぐその場でSansanを使って撮影すれば、データベースに反映されるというのも大きなメリットと言えます。
名刺データベースの管理が非常に簡便になりますから、営業用のリスト作成や管理のためにかかる時間も大幅に短縮でき、より効率的な営業活動が可能となるはずです。

Sansanの大きな特徴としてもう1つ挙げたいのが、その名刺データは誰がもらった名刺のデータか、ということも分かるということです。
別の案件でその名刺の人物にコンタクトを取りたいという時、担当者が引き継ぎをする時など、直接名刺をもらったのが誰であったのか分かれば、その人が間に入ることでスムーズに話が進みやすくなります。
こういった数々の便利な機能が、外出先や社内問わずに使えるため、もらった名刺を持ち歩く必要がなくなってくるでしょう。
名刺管理のやり方、またそのあり方が変わるため、スムーズな仕事の進め方ができるようになるのが、Sansanの魅力です。

Sansanは3年連続でシェア1位を獲得するなど、幅広く使われているのも特徴と言えます。
使っている企業は、北海道の農場をはじめとして経済産業省までと、業種もジャンルも規模も問わず本当に様々です。
昔から使われてきた名刺の持つ、潜在的な売り上げを引き出し、新しい価値を生み出していくのがSansanなのです。

また、SansanはITスキルの有無に関係なく、誰もが簡単に長く使えるような仕組みづくりにこだわっています。
名刺の持っている、名前や会社名、役職や連絡先などの個人情報という価値、そして自社の誰がいつその顧客と出会ったのかという履歴情報という価値、この2つを眠らせることなく有効に活用できるアプリだと言えます。

cropped-.jpg

クラウド上にデータ保存『Evernote』

ビジネス・プライベート両方で使えるログアプリの決定版

Evernoteは、まるでノートを取るような感覚で情報をまとめていけるウェブサービス、アプリです。
アプリはAndroid・iPad・iPhoneで使えます。
開発や提供をしているのは、Evernote Corporationで競合サービスと言えるのは、Google KeepやMicrosoftのOneNoteなどです。
個人用のドキュメント管理アプリとも言え、ウェブサイトから登録することで誰でも無料で使えますが、有料のプレミアム版もあります。

インターネット上に画像やテキスト、PDFなどのデジタルデータが保存でき、ユーザーが自分で設定できる「ノートブック」と呼ばれるサブジェクトごとでのデータ保存や記録、これらには全て自動でインデックスが作られるため、検索も可能です。

それ以外に、別のノートブックへ整理したり、ユーザーが任意でタグ付けしたりすることもできます。
ユーザーは、それぞれに作られた個人用のウェブページ、それぞれのプラットフォームごとに作られた専用のクライアントアプリケーション、またはスマホなどのデバイスから保存したデータにアクセスして、保存してあるデータを閲覧する、編集するといったことが可能です。
さらに、共有設定を行えば他の人とも保存している情報を共同で利用する、といったこともできます。

Evernoteの特徴と使い方

Evernoteはクラウドを利用し、様々なデータを管理したり編集したりできるサービス、そしてアプリです。
データを保存したら他の端末からであっても、編集することができるのが魅力です。
アプリは扱いやすい作りになっており、こういったクラウドサービスなどに慣れていない初心者であっても、比較的簡単に活用することができます。

撮影して溜まってしまった写真なども管理でき、その場合はタグを使うことで用途やジャンル別に整理することができます。
また、クラウドにデータをアップロードすることで、スマホ本体の空き容量を圧迫しないため、容量を気にしながら写真を撮るなどの不便さを解消することも可能です。
クラウドに保存したデータは、パソコンで編集したり加工したり、ブログにアップロードしたりということもできます。

作成したノートブックには、画像や音声のデータを付け加えることもできます。
たとえば、学校で授業のノートに板書された文字などを撮影して講義内容の音声や画像を付加する、会議のメモを取って音声のデータを付加するなどし、活用することも可能です。
ビジネスだけでなく、プライベートでの活用も可能です。
たとえば、友人達と連絡事項を共有するのに使ったり、旅行で使ったりということもできます。
アイデア次第で、様々な使い方ができるわけです。

メールやメッセージを使った共有も簡単にできますし、プリントアウトもできます。
アカウントを作ってノートブックにメモとして保存すれば、Evernoteが自動的に時系列順にきちんと並べ整理してくれますし、検索も可能です。
使い勝手が良いのはもちろん、動作も軽いログアプリだと言えます。

無料版と有料版の違い

無料版は同期することのできる端末の数が2台まで、月間でアップロードすることのできる容量が60MBまで、オフラインでノートブックにアクセスすることはできない、となっています。
Webアプリ版は端末の制限数に入らないので、パソコンで利用する時はWebから利用するようにすれば、パソコンとタブレットとスマホの3台で使う、といったことも可能です。

有料版ではプランが2つあり、月間でアップロードすることのできる容量の差など、プランごとに違いがあります。
画像データをたくさん保存したい、という人は有料版を検討しなければ、容量が足らなくなるかもしれません。

cropped-.jpg

画像から文章データを作成『CamScanner』

ダウンロード数最多のスキャナーアプリ

CamScannerは、Android・iPad・iPhoneで使えるスキャナーアプリです。
App Storeの2011年、2012年のベストセールスアプリとなったくらい、よく使われているアプリです。
このアプリをインストールすれば、自分のスマホをとても便利で使いやすいスキャナー、ファックスとして使えるのです。

CamScannerは使い方も非常に簡単で、アプリを起動したらスマホのカメラでスキャンしたいものを撮影するだけです。
そうすれば、画像や文書を認識して自動的に修正までしてくれます。
具体的には、向きを正しい方向に変える、不要な縁は削る、見やすくなるような加工をするなどです。
自動での修正で違和感がある、おかしくなってしまった場合などは、手動での修正も可能なので自分が納得できるようなデータ作成が可能です。

作成したデータ画像は、メールでの送信はもちろんとして、ファックスでの送信も可能ですから、急いでいる時でも使いやすいアプリと言えます。

CamScannerの詳細

CamScannerは外出先で、今すぐ必要な書類を送りたい、という時などにかなり重宝するスキャナーアプリです。
基本的な機能としては、ホワイトボードや名刺などの紙の文書を撮影し、その写真の加工が自動でも手動でもできるというものがまず1つ。
もう1つが、スキャンしたデータの整理ができるというものです。

CamScannerを使って撮った写真は、必要な部分だけを切り取って拡大することができるだけでなく、2種類のフィルタを使って写真の文字などが見えやすくなるような加工をすることができます。
さらに、他のスキャナーアプリだとあまり充実していない、ファイリングの機能も充実しています。
自分のパソコンへの転送、友人などへ送るのはもちろんですが、それ以外にもDropboxやiDisk、Evernoteなどへもデータを転送することができます。

性能の良いスキャナーとファックスとして使える上、ファイリングまで可能なスキャナーアプリが無料で使えるのです。
自動画像認識は精度が高く、加工の機能も必要なものは揃っているので、不便を感じる場面はほとんどないと言えるでしょう。
日本国内だけでなく、全世界で見てもダウンロード数が最多となるのも納得の、優良スキャナーアプリです。