ホワイトボードをメモ化してくれる『Office Lens』

ホワイトボードに書いたメモをデジタル化

Office LensはAndroid、iPad、iPhoneで使える便利なアプリです。
日本語対応済みなので、安心して使用できます。
ホワイトボードに書いたメモでも、紙の文書でも撮影すればデジタル化することができます。
しかも、画像の向きは自動で修正してくれるため、会議の最中でも座った状態のままで使えます。
画質の自動補正機能もあるため、画像が粗くて文字が読めなくなってしまうような心配もいりません。

Office Lensの便利なポイントは、撮った画像はWord等のファイル形式でも保存できるだけでなく、コピペや編集も可能というところです。
会議の書類やホワイトボード以外にも、名刺やレシートなどをスキャンして使うことができます。
好きな角度から撮影し、綺麗にトリミングして保存されます。

Office Lensの詳細

会議をしている時に配布された資料、ホワイトボードに書かれたメモなどをすぐにその場で会議をしながらまとめる、というのはなかなか大変なものです。
まとめるのに集中してしまって大切な話を聞き逃しては、元も子もありません。
そんな時に役立つのが、Office Lensです。
製作したのはMicrosoftですので、安心して使えます。

しかも、スマホやiPadのカメラで撮影しただけで、どんなメモでもデジタル化してくれるという、非常に便利なアプリなのです。
撮影する時に少しくらい斜めだったり横からだったりしても、正面から撮影したように自動で補正する機能があるので、必要を感じた時はすぐにサッと撮影できます。
さらに、画像はPDF・PowerPoint・Wordのファイル形式として、OneDriveにアップロードして保存することができます。
もちろん、ホワイトボード以外の紙文書にも対応しています。
そこからデジタルデータへと変換されるため、コピー&ペーストや編集も自由に行うことができます。

ただ、手書き文字が読みづらい場合などは、認識が完全ではないためデジタル化した時に、文章などに乱れが出ることがあります。
ですが、自分で全てまとめるよりは早いですし、手軽にメモすることができますので便利なことに変わりはありません。
カメラで撮影してメモを保存しておけば、会議中の話に集中しやすくなりますので、大切な話を聞き逃すこともなくなります。
Office Lensを活用し、スマートにビジネスを進めていきましょう。