会話を自動録音する通話記録アプリ『TelRecFree』

自動で通話を記録

もしも誰かとの会話や会議での話している内容を記録したいときは、ICレコーダーを使うことが多いでしょう。話す
しかしそのような時はICレコーダーを購入して用意しなければならずお金がかかります。

そこで登場したのが、自動で通話を記録するAndroid用のアプリのTelRecFreeです。
このアプリならAndroidのタブレットがあれば、音声を記録することが出来ます。

アプリをインストールすれば簡単に音声を保存できます。
わずらわしい録画というボタンもありませんので、アプリを記録すれば自動で記録が始まります。

このアプリなら、気軽に音声を記録できますので、誰かとの会話や会議の記録などを保存すれば、あとでその音声を聞けば、忘れてしまったことや聞き逃したことなども確認できます。
大事な抗議などの話を記録するのも良いでしょう。

またタブレットで使用するので、専用の記録用レコーダーなどを用意する必要もなく、タブレットとアプリがあれば、いつでもどこでもすぐに音声の記録が出来るのです。
実際にはタブレットのストレージの容量とバッテリーが持つ限り記録できますので、長時間の音声記録も可能です。

簡単にすぐ記録

TelRecFreeは、インストール後はアプリを起動すると、通知バーに常駐します。
そして会話などが始まると自動で記録を開始します。

わざわざ記録開始などのボタンを押す必要がなく、自動記録するようになっています。
アプリには約XX時間XX分録音可能ですと表示されますので、タブレットのストレージの容量からおよその記録時間の目安を表示します。

会話などが終われば、記録した内容を保存するか破棄するかの選択になります。
記録を残す場合は保存にしましょう。

保存したファイルは、録音ファイル一覧から再生可能です。
AUDIO SOUCEというメニューもあるので、そこからは送話音声や受話音声のみの録音と設定することも出来ます。

このアプリがあれば、あなたのタブレットがICレコーダーに変わります。
音声の録音はアプリをタップして起動すれば自動で記録開始されます。

自動で音声記録を開始するようになっていますが、場合によっては手動で開始も出来ます。
音声はマイクから拾うので、マイクのあるタブレットで使えます。

安いタブレットはマイクが付いていないものもあるので、そのようなタブレットでは使えません。

TelRecFreeは無料版の他に有料版もあります。
有料版になると、Bluetoothで離れたところでも音声記録出来たり、音声データのリネームなどの機能が追加されており、無料版よりもよりいっそう多機能となります。

必要な方は有料版を使うと、より便利に音声記録が出来ます。