オンライン上で情報を一括管理『Google Drive』

Googleのストレージサービスのアプリ版

Google Driveは、今では誰もが知っているGoogleが提供しているオンラインストレージサービスです。
そのGoogle DriveをAndroid・iPad・iPhoneで使えるように、アプリ版として作られたのが同名のGoogle Driveアプリというわけです。

写真、ドキュメントなど色々なデータがオンライン上にて、一括での管理ができるという非常に便利なアプリです。
基本的にはオンライン状態でなければ閲覧できませんが、アプリ版ではオフライン状態でも可能となっています。
ビジネスはもちろん、プライベートでも様々な場面で活用できます。

Google Driveで作成できるドキュメントには、イラスト・簡易図形、フォーム、またプレゼン用ドキュメントや文書、表計算があります。
ただファイルを保存する場所として使えるだけでなく、いずれのドキュメントでも仕事での利用ができるレベルの機能を持っています。

Google Driveの詳細

Google Driveでは、写真やドキュメントなどの色々な形式のファイルを全部で15GBまで、オンライン上で保存、管理、編集できるだけでなく、共有もできるかなり便利なアプリです。
アプリ版の最大の特徴として挙げられるのが、オフライン状態でもデータの閲覧が可能な点です。
Googleのアカウントを持っている人同士であれば、簡単に共有が可能だという点も魅力と言えます。
ビジネスでのデータのやり取りは当然として、友達や家族間での写真共有などもスムーズに行えるようになります。

また、いつでも最新情報のリアルタイム共有が可能である、というのもGoogle Driveの魅力です。
もし端末を紛失してしまったり、故障してしまったりしても、バックアップとして使えるため、安心です。
Google Driveを使用することにより、どんなファイルでも安心・安全に保管し、パソコン、タブレット、パソコンといったデバイスを選ぶことなく、どこからでも自由にアクセスできるようになります。
写真や動画、そしてドキュメントなどのGoogle Driveに保存されたファイルは、バックアップされるので失くなってしまうことがないのです。

自分のアイデア次第では、さらに使い方の幅が広がるのではないでしょうか。
フォームやプレゼン用のドキュメントも作成できるため、かなり色々なことができると言えます。