アプリで登場『Microsoft』シリーズ

無料で使えるWord・Excel

今までMicrosoftのWordやExcelは使うには有料であり、ソフトウェアを購入する必要があり、パソコンでしか使えませんでした。
しかし今回、アプリ版のWordとExcelが登場し、しかも無料で使えます。
このアプリは一部の機能はOffice365のライセンスがないと使えませんが、その他の機能は無料であり、ほぼパソコン版と同じように使えます。

いままで文章編集はパソコンでWordやExcelで行っていたと言う人も、このアプリ版があれば、タブレットでどこででも文章作成や編集も可能です。
もしもタブレットのソフトウェアキーボードの使い勝手が苦手な人は、無線通信のキーボードを接続すれば、そのままパソコンのように文字入力が行えます。

アプリ版Word

利用するにはタブレットにアプリをダウンロードしてインストールします。
アプリを起動すると、Microsoftのログイン画面が出ますので、ログインするとストレージのOneDriveと接続し、DropBoxへログインできます。
またログインせずにそのままアプリを使用することも可能です。

その後新規作成やファイルを開くという選択項目画面になるので、用途に合わせて選びます。
新規作成画面では、メニューバーなどが表示されますが、レイアウトやアイコンはパソコン版とほとんど変わりありません。

そのために、違和感なくパソコンで操作するような感じですぐに利用できるでしょう。
印刷することもPDFに出力することも出来ます。
閲覧モードにすれば、実際に作成した文書をどのように表示されるか閲覧出来ます。

アプリ版Excel

こちらもインストール後は、アプリを起動するとMicrosoftのログイン画面が出て、OneDriveと接続し、DropBoxへログイン出来ます。
ログインせずともアプリの利用も可能です。

実際のアプリの画面は、パソコン版のExcelと同じレイアウトになっていて使いやすいです。
表示されるアイコンも同じなので、パソコンのExcelの操作に慣れていれば迷うことなく操作できるでしょう。

セル操作やグラフ挿入はタップ操作で出来るようになっており、タブレット用に使いやすいように工夫されています。
グラフの見た目も変えることが出来ますが、書式設定などは出来ません。

保存も画面の保存のマークをタップすれば作成したファイルを保存できます。

このようにアプリとして登場したWordにExcelは無料でタブレットで使うことが出来ますが、簡易的なアプリではなく、仕事でも十分に使えるほどパソコン版と変わりない出来映えのアプリとなっています。
オープンソースの互換ソフトと変わる物になるでしょう。