クラウド上にデータ保存『Evernote』

ビジネス・プライベート両方で使えるログアプリの決定版

Evernoteは、まるでノートを取るような感覚で情報をまとめていけるウェブサービス、アプリです。
アプリはAndroid・iPad・iPhoneで使えます。
開発や提供をしているのは、Evernote Corporationで競合サービスと言えるのは、Google KeepやMicrosoftのOneNoteなどです。
個人用のドキュメント管理アプリとも言え、ウェブサイトから登録することで誰でも無料で使えますが、有料のプレミアム版もあります。

インターネット上に画像やテキスト、PDFなどのデジタルデータが保存でき、ユーザーが自分で設定できる「ノートブック」と呼ばれるサブジェクトごとでのデータ保存や記録、これらには全て自動でインデックスが作られるため、検索も可能です。

それ以外に、別のノートブックへ整理したり、ユーザーが任意でタグ付けしたりすることもできます。
ユーザーは、それぞれに作られた個人用のウェブページ、それぞれのプラットフォームごとに作られた専用のクライアントアプリケーション、またはスマホなどのデバイスから保存したデータにアクセスして、保存してあるデータを閲覧する、編集するといったことが可能です。
さらに、共有設定を行えば他の人とも保存している情報を共同で利用する、といったこともできます。

Evernoteの特徴と使い方

Evernoteはクラウドを利用し、様々なデータを管理したり編集したりできるサービス、そしてアプリです。
データを保存したら他の端末からであっても、編集することができるのが魅力です。
アプリは扱いやすい作りになっており、こういったクラウドサービスなどに慣れていない初心者であっても、比較的簡単に活用することができます。

撮影して溜まってしまった写真なども管理でき、その場合はタグを使うことで用途やジャンル別に整理することができます。
また、クラウドにデータをアップロードすることで、スマホ本体の空き容量を圧迫しないため、容量を気にしながら写真を撮るなどの不便さを解消することも可能です。
クラウドに保存したデータは、パソコンで編集したり加工したり、ブログにアップロードしたりということもできます。

作成したノートブックには、画像や音声のデータを付け加えることもできます。
たとえば、学校で授業のノートに板書された文字などを撮影して講義内容の音声や画像を付加する、会議のメモを取って音声のデータを付加するなどし、活用することも可能です。
ビジネスだけでなく、プライベートでの活用も可能です。
たとえば、友人達と連絡事項を共有するのに使ったり、旅行で使ったりということもできます。
アイデア次第で、様々な使い方ができるわけです。

メールやメッセージを使った共有も簡単にできますし、プリントアウトもできます。
アカウントを作ってノートブックにメモとして保存すれば、Evernoteが自動的に時系列順にきちんと並べ整理してくれますし、検索も可能です。
使い勝手が良いのはもちろん、動作も軽いログアプリだと言えます。

無料版と有料版の違い

無料版は同期することのできる端末の数が2台まで、月間でアップロードすることのできる容量が60MBまで、オフラインでノートブックにアクセスすることはできない、となっています。
Webアプリ版は端末の制限数に入らないので、パソコンで利用する時はWebから利用するようにすれば、パソコンとタブレットとスマホの3台で使う、といったことも可能です。

有料版ではプランが2つあり、月間でアップロードすることのできる容量の差など、プランごとに違いがあります。
画像データをたくさん保存したい、という人は有料版を検討しなければ、容量が足らなくなるかもしれません。