名刺を管理できる『Sansan』

革命的な名刺管理アプリ

SansanはAndroid・iPad・iPhoneで使える名刺管理アプリです。
使い方も非常に簡単で、名刺をデバイスのカメラで撮影するだけで、自動的にデータベース化してくれます。
会社全体での管理ができるため、営業用リストを作成したりメールリストを作成したりという作業が非常に簡単になります。
また、誰がもらった名刺なのかということも記録できるので、別の案件でコンタクトする時や引き継ぎがスムーズに行え、便利です。
ビジネスで手軽に使える、革命的な名刺管理と言えるでしょう。

Sansanの特徴と仕組み

Sansanを使って名刺をカメラで撮影すると、Sansanのオペレーターへそのデータが送られます。
すると、情報を人の手で性格に入力し、会社全体で管理しているデータベースに保存され、一括での管理ができるのです。
名刺を管理するために人員を割く必要がなくなり、その分他の仕事に人を回せるようになります。

また、会社に戻らずにすぐその場でSansanを使って撮影すれば、データベースに反映されるというのも大きなメリットと言えます。
名刺データベースの管理が非常に簡便になりますから、営業用のリスト作成や管理のためにかかる時間も大幅に短縮でき、より効率的な営業活動が可能となるはずです。

Sansanの大きな特徴としてもう1つ挙げたいのが、その名刺データは誰がもらった名刺のデータか、ということも分かるということです。
別の案件でその名刺の人物にコンタクトを取りたいという時、担当者が引き継ぎをする時など、直接名刺をもらったのが誰であったのか分かれば、その人が間に入ることでスムーズに話が進みやすくなります。
こういった数々の便利な機能が、外出先や社内問わずに使えるため、もらった名刺を持ち歩く必要がなくなってくるでしょう。
名刺管理のやり方、またそのあり方が変わるため、スムーズな仕事の進め方ができるようになるのが、Sansanの魅力です。

Sansanは3年連続でシェア1位を獲得するなど、幅広く使われているのも特徴と言えます。
使っている企業は、北海道の農場をはじめとして経済産業省までと、業種もジャンルも規模も問わず本当に様々です。
昔から使われてきた名刺の持つ、潜在的な売り上げを引き出し、新しい価値を生み出していくのがSansanなのです。

また、SansanはITスキルの有無に関係なく、誰もが簡単に長く使えるような仕組みづくりにこだわっています。
名刺の持っている、名前や会社名、役職や連絡先などの個人情報という価値、そして自社の誰がいつその顧客と出会ったのかという履歴情報という価値、この2つを眠らせることなく有効に活用できるアプリだと言えます。